社会保険労務士の短期合格勉強法

このサイトで何度も言っているように社会保険労務士に短期合格すること自体、
非常識です。
となれば、当然普通に勉強しても社会保険労務士に短期合格することは出来ません。

そこで、私がオススメする勉強法は、逆算勉強法という方法です。

どう言うことかというと、
通常社会保険労務士の勉強は、テキストと講義で知識を覚えてから
過去問を解いていきます。

しかし、その方法だと確実に知識は身に付いていきますが、
とても500時間で終わらせる事は出来ません。

そこで、今回オススメする逆算勉強法は、
テキストや講義で知識を覚えてから、過去問を解くのではなく、
はじめから過去問を解いていくのです。

そうすることで、試験に出題される知識だけ効率的に覚えていけるので、
無駄な学習はなくなります。

では、具体的にどのように勉強するのかというと、

まず、過去問で出題された問題に関するところのテキストを読んだり、
講義を聞いたりして知識を覚えます。
そして、覚えた知識を使いもう一度、その問題を解きます。
基本的にこの繰り返しです。

本試験と言うのは、過去問をベースに作るので、出題範囲や問題は、
それほど変わりません。
もっと言ってしまえば、過去問を攻略できれば、本試験に合格する知識が身に付くのです。
ですので、その方法なら余計な知識を覚えることなく、
本試験に出題されるポイントだけを 学習することが出来ます。

ただし、いきなり過去問を解くと言いましたが、
出来るなら、一度全科目の講義を聞いてから、
過去問を解いた方が良いと思います。
もちろん、ここで知識を覚える必要はありませんが、
一度講義を聞き流すだけでも全体像を把握できるので、過去問が解きやすくなります。
是非、参考にして下さい。

>>最先端の勉強法いまなら無料サンプル教材もらえます<<