社会保険労務士の難易度!短期合格は可能か?

社会保険労務士の難易度を理解できれば、
どのくらい短期合格するのが難しいのかわかります。
まずは、あなた自身が社会保険労務士の難易度を把握して、
そして、しっかりとした計画を立てて、学習を進めてください。

まずは、社会保険労務士の合格率を見ていきます。

平成18年 8.5%
平成22年 8.6%
平成23年 7.2%
平成24年 7.0%
平成25年 5.4%
平成26年 9.3%

合格率だけで、社会保険労務士の難易度を把握することは難しいと思いますが、
上記の数字を見る限り、決して簡単な試験ではないのがわかると思います。

さらに、社会保険労務士の試験科目は、
8つもあり、一つ一つの科目に合格基準があります。
つまり、全体の点数がどんなに良くても、1科目でも合格点に届いていなければ、
社会保険労務士に合格できないのです。
そのため、かなりの学習量が要求されます。

しかも、社会保険労務士試験はそれだけではありません。
受験者のレベルも高いのです。

ほとんどの方は、大学卒業をしているので、
ある程度の基礎学力を持っている方ばかります。

国家資格の中には、合格率1桁台のものも沢山ありますが、
受験資格がないものも多いので、それほど受験者のレベルは高くありません。
ですから、多少合格率が低くても、数字に比べ、難易度が高くないのです。

しかし、社会保険労務士は違います。 受験者のレベルが高く、
その中で1桁台なので、合格するのが難しいと 容易に想像できるはずです。

ただ、ここまで脅かすような言い方をしてきますが、
決死して合格が不可能な試験ではありません。
知識がなくても、短期間で合格することは十分に可能です。

ですが、中には試験を軽く見ている方もいるので、
少し厳しい言い方をさせて頂きました。
後は、あなたの努力次第です。

>>最先端の勉強法いまなら無料サンプル教材もらえます<<