短期合格するための心構え

具体的な社会保険労務士の短期合格法を説明する前に
理解しなければいけないことがあります。
そのことを理解しなくては、社会保険労務士に短期合格はおろか、
合格することすら出来ません。

では、具体的にお話すると、以下の2点は覚悟してください。

1、短期間の間で猛烈な勉強をする
2、お金が必要

それぞれ解説すると、まず1番ですが、これは避けては通れません。
社会保険労務士に合格するには、どんなに素晴しい教材や勉強法でも、
絶対的な学習量が要求されます。

もちろん、通常に勉強するよりは、時間は少なくなりますが、
それでも皆さんの想像以上の時間です。 (詳しくは、別ページで)

次の2ですが、これは通信教育の受講代です。
もしかしたら、このサイトを見てくれているあなたは、
独学で社会保険労務士に短期合格できると思っていたかも知れません。

しかし、それでは短期合格するのは不可能です。

社会保険労務士に短期合格するということは、
ある程度出題範囲を絞り、学習量を少なくしなくてはいけません。

また、法律の意味も深く理解する必要があるので、
講義が必要です。

それにもかかわらず、市販されているテキストや問題集だけで、
補うのは土台無理な話です。

このサイトのはじめに、社会保険労務士に短期合格するにはリスクが必要だと言いました。
そのリスクというのが、時間とお金と言う事です。

確認のためにもう一度言いますが、社会保険労務士短期合格するということは、
はっきりいって非常識なことです。
それを何のリスクもなく、合格できるという都合の良い話はありません。
ですから、普通の感覚で勉強してはいけないのです。

>>最先端の勉強法いまなら無料サンプル教材もらえます<<