何故、独学では短期合格できないのか?

このサイトでも一度説明したように、社会保険労務士に合格したければ、
独学で勉強するべきではないと。
何故なら、通信で合格するのでも難しいのに、独学で合格するとなると、
至難の業だからです。

そもそも、皆さんは、社会保険労務士のような難易度の高い試験を独学で勉強した経験があるのでしょうか?

例えば、学生時代を思い出して欲しいのですが、
大学受験や高校受験は、塾の講師や学校の先生に教えてもらいながら、
勉強していたはずです。
おそらくまったくの独学で勉強した人はいないでしょう!

それにもかかわらず、資格の勉強となると、
多くの方は独学で勉強してしまいます。

しっかりと考えてほしいのですが、社会保険労務士の学習は、難解な法律です。
それを講義も聞かない、わからないことがあっても質問も出来ない、
学習のポイントもわからない中で学習するのは、
無謀としか言いようがありません。

また、独学で勉強するとなると、教材は市販されているものです。

しかし、市販の教材というのは、文字数やページに制限があり、
全て伝える事が出来ません。
そして、何より、市販の教材は、あくまでもスクールに通学してもらうための
宣伝を目的として作っています。
それで合格できるはずがありません。

もちろん、中には独学で合格できる人もいますし、
実際に合格した人もいます。

しかし、それは本当に極一部の人だけなのです。

社会保険労務士の合格率はわずか、一桁台です。
つまり、ほんとどの方は不合格になるのです。

そのような試験に置いて普通の感覚で勉強しても合格できるはずがありません。

少し強引な言い方のように感じますが、社会保険労務士は独学ではなく、
通信教育で勉強して下さい。
それが、社会保険労務士に短期間で合格できる方法です。

>>最先端の勉強法いまなら無料サンプル教材もらえます<<